--/--.--   スポンサーサイト 
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/30.Thu   ただマイヨ・ジョーヌのためでなく 
17:34
ただマイヨ・ジョーヌのためでなく
原題は 「it's not about the bike」  (ロード)バイクの話じゃないよ、って所でしょうか?




ロード暦一年未満のミーハーな自分ですが、やはり知らなくちゃならないな、
って事で、今更ながら読みました。


実は、アームストロング氏が復帰した今年のインタビューを見ると

あれ?結構アームストロングって我が強いっていうか、ガツガツ系?

なんて思いましたが
それは自分が、彼を知らないからでした。


本を読む時は、自転車競技の自伝と、癌闘病が半々かな?なんて思いましたが
内容は闘病:自伝が9:1でした。



この本を読んで感じたことは
元々超一流の選手が、超過酷な、文字通り死すれすれ、隣り合わせの闘病生活で
(著者は、睾丸癌が肺と脳にまで転移していた)
人間的な成長をしていく物語。


こんな風に書くと、なんともヒロイックではありますが
スポンサーの非情な決定や、周囲を支えてくれた人間との時としての激突。
病気への徹底抗戦。

そして、心打たれたのは
過酷なレースへカムバックして、やっぱりそう簡単には返り咲けない部分。
そして、一度は逃げ出してしまう著者。

これこそリアルだし、だからこそ彼が(結果的に)前人未到の
ツール7連覇を達成した事に心から敬意を表したいと思います。


著者が、癌になり闘病をはじめた時にベトナム帰還兵だったかな?が
癌になった事は、とてもいいこと、みたいな事を言って、当時のアームストロングは
何馬鹿なこといってるんだよ、と憤慨してましたが
物語の結びに、彼が病気になった事に感謝している、ということになったのが
また彼の中で何かが変わったんだろうな、って思いました。

本は分厚いですが
自伝調なので、一気に読めてしまいます。

読んでない人にはお勧めです!
スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
02/13.Wed   今読んでいる本は 
22:17




以前にも記しました通り
ガンガン読書して行きたい、と思ってます。


で、今読んでいる本がこれです。


ローマ人の物語。



現在10巻です。



ハンニバル戦記や、ガリア戦記など

随所に、思わずウウムとうなる、大河ドラマのような展開あり
政争あり、国家として成立するまでの苦闘あり、内紛あり・・・

示唆に絶えない著書です。


きっと、読み手の立場によって

色々な解釈や、気付きや感想がある本だと思います。


オススメです。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
10/27.Sat   ホームレス中学生 
19:30




を読みました。

もう説明するまでもなく
お笑いコンビの麒麟の田村さんが実体験を
綴った本です。

壮絶だなぁ
でもそれが面白おかしく書かれていて
読みやすく、すぐ読める量でもありますが

しかしながら軽快な文章の中にも
深いお母様への思慕の情が見え隠れするのが
なんともいえず、感動してしまいました。


そして 親切は必ずいいように作用する

といったような意味合いの言葉が
自分の考えとすごい近しくてとっても響きました。


どうぞ、機会があったらご覧下さい!
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
02/12.Mon   夜のピクニック 
15:03




結構高校時代を舞台にした
物語ってのは、俗に言う
動物・子供・親子愛 をテーマにすると必ず売れる!

って法則に似通ってると思いますが。。。


2006年の自分の抱負は読書。
そして今年も、継続して読書にしています。
というのも、やっぱり本を読まないと。。。
と思いまして、、、

でもそんな難しい本を読んでるわけではありません。。



で今回は映画化された、夜のピクニック。
男二人サイドと女二人サイドを軸に物語が進んできます。

中でも、高校生特有の甘酸っぱさが
誰しもの共感を誘うのではないでしょうか???

読後感がとってもいいです!!
是非読んで欲しいです!!


個人的には主人公たちが
自分の考えを表現するのに高校生特有の
証明終わり、とか??の定義とか
表現するのが、とっても新鮮でした。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
12/22.Fri   ハリーポッター、完結編 「ハリーポッターと死の聖人」 
13:27

出版時期は未定ですが!

完結では登場人物が2名死ぬそうです!!

そーいえば、不死鳥の騎士団も混血の王子も読んでないなぁ。。。


ハリポタ完結編、題名に「死の聖人」ハリーが死ぬ?
12月22日10時38分配信 読売新聞


 【ロンドン=本間圭一】冒険小説「ハリー・ポッター」シリーズの完結編・第7作のタイトルが「ハリー・ポッターとデスリー・ハローズ(『死の聖人』の意)」となることが21日、明らかになった。英メディアが伝えた。

 出版される時期は未定。

 著者のJ・K・ローリングさんは完結編で、登場人物2人が死亡する可能性を示唆しており、主人公のハリーがそれに含まれるかに関心が集まっている。

 書名に「死」の意味が含まれたことで、一層ファンの注目を集めそうだ。現在執筆中のローリングさんは、ホームページ上で、「私は現在、十数年かそれ以上前に決めていた場面を書いている」と語っている。

* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
05/19.Fri   ハリーポッター最新刊発売に本屋さんてんてこまい 
12:54

ついに去る5月17日に
ハリポタ最新作の謎のプリンスが発売されました。

因みに今年の目標は読書なんですが
前作の不死鳥の騎士団を読んでいません。

今回の新作を買った友達に見せてもらったのですが
なんだか、オリジナルの不織布の袋が付いてましたね。
今回も爆発的に売れているみたいですが
本屋さんの流通に多大な影響を与えているようです。


ハリポタ第六作発売 買い切り制、再び波紋

詰まる所は、無償で返品できた今までのシステム
書店に並ぶ本の大半は「委託制」と呼ぶ販売形態。
「売れ残っても出版社に返品すれば代金はそのまま戻ってくる」
というルール

これが今回にいたっては
、「ハリー・ポッター」は第四作以降、
仕入れた分の5%を除いて返品できない。
仕入れが二十部未満の場合はすべて返品不可。


ということです。
従来は沢山押さえて、売れなきゃ返品すりゃいいや
ってスタイルでしたが今回はそうはいかないってことですね。

前作は30万部ほど在庫を抱えたそうです。
それだけでも、ベストセラー分抱えてますよね。


はてさて今回はどれだけ売れるでしょうか??
その動向が気になります。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
05/16.Tue   DEATHNOTEが最終回 
01:19

終にDEATHNOTEが最終回になってしまいました。
前回の次週紹介で、幕 という題、だからもう終わりかなって
思いました。


前号を読んだ感想としては
しきりと死後の世界について言及していたので

「人間は死後、死神として生きる」のでは?

という疑問をもったのですが
(死神という存在は、死神として生まれるのかな?という疑問があって)
なんのことはなく、今回最終回になってしまいましたね。

最後の女の子は誰だろう?
なんて思ったり。。。


でも、なんだかちょっと腑に落ちない最終回でした。


なんか続編もかけそうなそんな展開。。。

あぁ、毎週の楽しみが減ってしまったなぁ。
そういえばHUNTER×HUNTERなんて漫画もあったなぁ。。。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
04/11.Tue   目が離せない漫画 DEATH NOTE 
00:38

今、注目の漫画と言ったら!
今夏連続劇場化の全世界注目作(?)


DEATH NOTE!


です!!!!

中でも原作が!!
今、怒涛の展開です!
詳しくは伏せますが・・・


起承転結で言えば

まさしく「結」 の部分です。

ここ数週間の展開は
本当に目が離せないものでした。
そして今、です。


展開的に
映画公開とともに
原作は最終回を迎えそうな予感です。


確かに、漫画が原作のものは
原作が終わっていないと
なんだか尻切れトンボな微妙な展開、終了を
迎えてしまうので、そちらの方がいいなぁなんて思います。


DEATH NOTE公式ページ
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
04/07.Fri   空中ブランコ 
02:37




前回このブログでも紹介した
インザプール の続編です。


今回も痛快な、破天荒神経医の伊良部が
ハチャメチャな話を繰り広げてくれます!!


オムニバス形式で
読みやすく、区切りも付けやすいので
おすすめの一本です!!!!


個人的には
あのミニのナース服を着てるマユミちゃんが
最後にしゃべるのがいいなぁ??って感じです。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
04/07.Fri   東京タワーオカンとボクと、時々、オトン 
01:13



もはや説明不要の話題作ですね。

大分前に読んだ本ですが
紹介するのを忘れてました。

リリーフランキーさん、と聞いて
一番最初に思い浮かんだのが
あのココリコミラクルタイプの彼です。

下ネタをさらりと言ってのける、彼ですよね。


その彼が意外でした。
でも、感動して泣く、というほどでは無かったです。。。


というのも詳しい内容は伏せますが
自分の経験にないことなので、頭で理解してしまった
というのが大きな理由だと思います。


ですが丁度今時期の描写である
笹塚の綺麗な桜並木や高速道路から見える
皇居や東京タワーやお台場などなど。

そしてキープレイスである
あの、ボーリング場。。。

あぁ、あそこか??なんて。


とてもいい話で
静かに、本の中で時が過ぎていく様が
あぁ自伝本だなぁと思いました。
読んでいてとてもよい本だったなぁ
って思いました。


結構売れているみたいですね?
先日こんなニュースもありました。


本屋大賞 リリーフランキーさん選ばれる

by yahooニュース
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
03/10.Fri   インザプール 
12:20



文芸春秋社 出版
2002年


風変わりな注射フェチの精神科医、伊良部と
露出狂?わざとチラリズムしてくる気だるい不良看護婦
の二人が総合病院で診察をするという小説。

本書は5つのエピソード

イン・ザ・プール
勃ちっ放し
コンパニオン
フレンズ
いてもたっても


に分かれているので、とても読みやすいですし
区切りを付けやすいです。


内容は現代の悩み、心の病。
携帯依存症や自意識過剰・注殺願望に
水泳中毒や、情緒不安定、極度の心配性と
様々な悩みを抱えていて面白いです。

特に個人的には
2個目の「勃ちっぱなし」が
笑えました。。。 もうそのまんま。。。ヽ(´▽`)/


さらっと読めるのですが
この伊良部という精神科医の幼稚でいて
妙に爽快感のあるキャラクターが病みつきになります。

ドラマ化され、映画化もされる(された?)そうです


気軽に読めるので、機会があれば是非どうぞ!
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
03/03.Fri   そのケータイはXXで 
01:22
今年の個人的な目標のひとつとして

読書

です。


ということで
今回からちょろちょろと紹介して行こうと思います。






そのケータイはXXで
上甲 宣之 著  宝島社

因みに画像はamazon.comさまからです



ミステリーをあまり読まなかったのですが
同僚から貸して頂きまして読みました。


作者があとがきで
「ジョジョの奇妙な冒険」を意識した
というように、トイレでの知恵比べなんかは
ちょっとした荒木ワールドです(笑)


今すぐ逃げだせ!
“生き神”にされるぞ!!
戦う武器はケータイのみ

旅行で訪れた山奥の温泉地、そこは怪しい村だったー。
女子大生しよりと愛子を次々に襲う恐怖の事件。
今すぐ脱出しなければ片目、片腕、片脚を奪われ、“生き神”として
座敷牢に一生監禁されてしまうという!? 頼りの武器はケータイのみ!
二人は生きて逃げ出すことが出来るのか。
第1回『このミス』大賞で最大の話題を呼んだ、
息つく暇さえない携帯電話ホラーサスペンスの最高傑作、文庫で登場



以上は抜粋です。


かなりスリリングな展開で
最初の説明的なくだりは読んでいて
少し頭で理解するのが大変ですが
中盤から後半への息つく暇も無い展開と
情報量の多さはグイグイ読者を魅了し、ひっぱり
ページを繰る手が止まらないです!!


なかなかミステリーも!!
とびっくりした一冊でした!!

軽い読み物としては面白いですよ!
しかも最後の展開も、なんだか現代型の
女子大生かなぁなんて一人で思ってしまいました!

機会があれば、どうでしょう??


ノリは、誰が本当に信じられるのか!?
といった今流行りの手法ともいえます。
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
| BLOG TOP |

プロフィール

流(りゅう)

  • Author:流(りゅう)


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

CopyRight 2006 ?○流? All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。