--/--.--   スポンサーサイト 
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/03.Mon   リトルダンサー 
01:38



ちょっと前の映画ですね。


なんといっても、主人公がかわいいですね。
悲喜こもごも、そして性への目覚め?
ちょっと海の向こう側は教育がしっかりしているだけに
見ていて恥ずかしかったです。。。
といっても露骨なわけではなく
かわいい子供たちに何言わせてんねん!!
と軽い衝撃を受けたのでした。


と、ちょっと話がそれましたが


この物語の一番の印象に残ったのが
主人公のお父さん。

いわゆる頑固一徹、炭鉱労働者なわけです。
星一徹よろしく、ブチギレたら大変なわけですよ。

世の中大変なことになり
炭鉱は赤字続き、閉鎖では?
という所、労働組合はストを敢行。

先立つものが無くては・・・
でも、武士はくわねど高楊枝。


長男との葛藤や、主人公ビリーのために。。。


大黒柱が意思を曲げる、その難しさ・意義
とっても考えさせられましたね。


とってもいい映画です。
ほんと、このお父さんいいなぁ??
スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

こんにちわ、でんです。
バトン受け取ってくれてありがとでした。

リトルダンサー懐かしいですね。
ビデオ化したばかりのとき見ましたよ。
あんまり覚えてないけどお父さん頑固でしたよね。
男がバレエなんかするな!!みたいな。
でもちゃんと分ってくれるいいお父さんだった気が。

一番印象に残ってるのは、主人公の男の子が、
街中を一心不乱に踊りながら走り続けてるシーン。
ランニングにパンツといった格好だった気が。
ケビンベーコンの「フラッシュダンス」と混ざったかな。

でもでんもこの映画で感動しましたよ。

from でん

----

男の子がめッチャ踊ってるのが印象的ですね~~

それと曲も何気に感動しました。
children of revolutionなど往年のロックなどなど。

結構いいなぁ、って感じです。

バレエっていうか、それタップだろ!?
ってツッコみたいんですが
かわいいのでそこはスルーしておきます。

from 流

   非公開コメント  

プロフィール

流(りゅう)

  • Author:流(りゅう)


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

CopyRight 2006 ?○流? All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。