--/--.--   スポンサーサイト 
--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/18.Sun   NYに無印オープン、アノ店と違い長蛇の列!! 
02:18

元々は
ブランドではない商品で、手軽に買えるいいものを
というコンセプトで
「無印」(ノーブランド)の「良品」(優れたもの)
だとか、聞きましたが

今では皮肉な事に
無印良品という、一種確立されたブランド
になってしまいましたね。


ニューヨーク小倉孝保】生活雑貨・衣料品店「無印良品」の直営米国1号店「MUJI」が16日、ニューヨーク・マンハッタン島南部のソーホー地区にオープンした。地元客が詰めかけ、店舗前に長蛇の列ができた。米国人男性(48)は「珍しいブランドなので立ち寄ったが、派手でないところが気に入った」と熱心に品定めしていた。  

 高級ブティックのほか若者に人気の雑貨店などが並ぶ地区のビルの1階で、広さは約300平方メートル。日本の平均的店舗のほぼ半分の広さで、食器、収納用品、家具、文具、衣料など約2000種類を販売し、年間400万ドル(4億4000万円)から500万ドルの売り上げを想定している。

 無印良品の海外展開は91年7月のロンドン店を皮切りに、欧州、アジアの14カ国で72店を展開している。米国は来春、ニューヨークのタイムズスクエアに2号店を出店。その後、西海岸にも進出予定で、5年以内に米国内の店舗数を30?40店に拡大する計画だ。


by毎日新聞



【ニューヨーク=長戸雅子】海外では「MUJI」として知られるカジュアル衣料・生活雑貨の「無印良品」の米国1号店が、ニューヨークのソーホー地区に開店した。ソーホーは流行の発信地として若者に人気の高い地区で、1年前には「ユニクロ」も進出。日本を代表するカジュアルブランドがどこまで浸透するか注目されている。
 「MUJI」米国店の売り場面積は約300平方メートル。文具・布製品など2000以上の商品を扱う。海外店舗としては73店舗(15カ国・地域)目となる。
 「無印良品」を展開する良品計画の古田正信専務は「『MUJI』ブランドはこれまで都会であればあるほど受けている」と話し、ニューヨークでの成功に自信をみせる。初日は布製の「マイバッグ」を500人に配布、環境問題への取り組みもピーアールした。
 来年にはタイムズ・スクエア地区など市内に2店舗を開店する予定で、これらが軌道に乗ればシカゴやサンフランシスコなどへの進出も計画しているという。
 ホリデーシーズンを控え、友人に贈る絵を描くための文房具を買いにきたというクリス・ベーカーさん(35)は「シンプルで実用的なのが気に入っている。ノーブランドという発想から発展したのも面白い」と話していた。


by産経新聞


そういえば、既に欧州では
アクリル製の商品は絶大な人気だとか・・・
スポンサーサイト
* テーマ:日記 - ジャンル:日記 *
COMMENT TO THIS ENTRY
   非公開コメント  

プロフィール

流(りゅう)

  • Author:流(りゅう)


最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

CopyRight 2006 ?○流? All rights reserved.
Photo material by ミントBlue  / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。